墓地の種類

長男でない人は墓地を探すことも必要になります。
墓地を探すにはまず寺院墓地、公営墓地、そして民営墓地などがあります。
どれを選ぶにもそれぞれの特徴を知っておくようにしましょう。
公営墓地の場合は都道府県、市町村などの地方自治体によって運営されています。
どれも公募によって募集がありますが、抽選となることも多いようです。
特に新しい墓地でなければ公募はいつ出るか分かりません。
その公募を待つこと、抽選で残ることができれば利用できますが、購入を急ぐときには難しくなります。
しかし管理会社の倒産ということがない市営霊園、公営霊園は財団法人や公営法人の運営なので安心です。

民間墓地の場合は、後ろには宗教法人が民間会社に委託している場合となります。
価格もいろいろありますが、きれいに整備されたものが多いのも特徴です。
ただし民間会社が潰れてしまったときがトラブルになりやすいので、しっかりした民間会社を選ぶようにしましょう。

また民間墓地の場合は石材店なども決まっていることも多く、その価格やメンテナンスのときの価格などもしっかり調べてから決めるようにしないと、後々トラブルの元になってしまいます。
寺院が運営している墓地の場合は、宗派に限定がある場合もあります。
また檀家になるのが条件というものもありますが、これらはお寺の檀家増やしの方法としての墓地募集です。
他にも檀家の墓地とは別に霊園としての墓地を募集しているところもあります。
寺院が運営しているということで、安心感があるということもあり、寺院の運営の墓地も人気があります。
価格は寺院によってそれぞれですが、意外と立地の良いところにあるものが多く、価格も高いものになりそうです。



◎注目サイト
墓石の価格やメンテナンスの費用がわかる墓石販売サイトです ―> 墓石 価格

Copyright © 2014 墓地の確保 All Rights Reserved.